チェコへの旅三日目、チェスキー・クルムロフ、ホラショヴィツェ   

三日目は街全体が世界遺産に指定されているチェスキー・クリムロフへのオプショナルツアーに参加しました。
参加者は、私達3人、60代のご夫婦、一人で参加の40代の男の方の6名。
ガイドさんは40代の日本人男性、チェコに13年住んでいるということでした。
チェコ人ドライバーの運転するワゴン車で8時にプラハ市内を出発。チェスキー・クリムノフまでは約3時間くらいかかりました。
途中やはり世界遺産に指定されている小さな農村「ホラショヴィツェ」に寄りました。
13世紀から歴史に残っているらしいですが、現在の建物は18、19世紀に建てられてもので建築様式は南ボヘミア地方特有のバロック様式です。
中心部には1755年に立てられた聖ヨハネ礼拝堂があります。
建物の壁を可愛らしく飾ったのは他の土地からお嫁さんを呼び込みするためらしいです。
どの時期、どの国でも農村の嫁不足は深刻な問題なんですね。
c0246278_1482943.jpg
c0246278_19394048.jpg
c0246278_1465928.jpg

c0246278_9154858.jpg

11時過ぎにチェスキー・クリムロフへ到着。
13世紀に南ボヘミアの貴族ヴィートコフ家が城を建設したことがチェスキー・クリムロフの始まりで、最も繁栄した16世紀の美しい風景が今も残っていて、旧市街全体が世界遺産に指定されています。
c0246278_847119.jpg
  
c0246278_925366.jpg
c0246278_931141.jpg
         チェスキークリムロフ城

c0246278_23343342.jpg
c0246278_23344861.jpg
     城の塔から見た街の風景。塔のせま~い階段をがんばって登りました

c0246278_2335721.jpg
c0246278_2335219.jpg
c0246278_23353828.jpg
      お城も街の建物の壁にもだまし絵がたくさん描かれていました。

c0246278_23355414.jpg
c0246278_23374153.jpg
         街の中心のスヴォルノスティ広場  
[PR]

by konatu0730 | 2012-09-04 23:56 | 旅行

<< チェコへの旅三日目午後 チェコへの旅二日目、午後 >>